メニューをスキップします

宮城県国民健康保険団体連合会

文字サイズ

  • 標準

サイト内検索

ホーム > 保険者のみなさまへ > 介護サービス苦情相談

介護サービス苦情相談

苦情・相談受付状況調査の目的

国保連合会の苦情処理業務は、原則として、申立人からの申し立てがあった案件を取り扱うものですが、一方で、利用者の不満、ニーズ、要望、言いたくても言えない苦情(すなわち潜在的な苦情)も増えています。介護サービスの質の向上という苦情処理業務の大きな目的からすると、潜在的な苦情にも何らかの対応を行うことが求められます。そのため、以下の目的から、宮城県においては、毎月各市町村等で受付けた内容を各保健福祉事務所に情報提供し、最終的に国保連合会が取りまとめ、その情報を関係機関に還元しております。

  1. 県内における相談・苦情の状況を把握する。
  2. 相談・苦情の状況を把握することにより、質の高い介護サービスの提供、信頼される制度に資するための資料とする。
  3. 市町村の状況を各保健福祉事務所に情報提供することにより、県(市町村)の実地指導等に役立てる。
  4. 相談・苦情の受付窓口における対応に活用する。
  5. 苦情等の多い事業者を把握し、苦情申立があった際の調査に役立て、適切な指導・助言を行う。

担当

介護保険課 苦情相談係

電話:022-222-7700

ファクス:022-222-7260

ページの先頭へ