メニューをスキップします

宮城県国民健康保険団体連合会

文字サイズ

  • 標準

サイト内検索

ホーム > 医療機関のみなさまへ > 診療報酬等請求

診療報酬等請求

診療(調剤)報酬等請求書の記載要領

記載方法(EXCEL:126KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

診療報酬明細書における保険種別欄記載要領

 

乳幼児医療費助成制度

国保乳幼児医療助成事業

請求期日・支払日一覧

請求期日・支払日一覧

乳幼児医療費助成制度の概要

準備中です。

 

社保乳幼児医療費(連記式請求書)の請求

連記式請求書作成の留意点について

連記式請求書の作成にあたっては、「乳幼児医療費公費負担事務の手引き」を確認の上作成してください。

下記項目についての問い合わせや記載誤り等が散見されますので、ご注意願います。

  1. 社会保険分総括表
    総括表は各保険医療機関で1枚のみを提出してください。
    月遅れ分も当月分と一緒に綴り、総括表は合算した額を記入願います。
  2. 乳幼児公費負担者番号
    1枚の請求書に複数(異なる市町村)の負担者番号は記載できません。
    負担者番号(市町村)毎に請求書を作成願います。
    仙台市は区毎に作成してください。
  3. 保険者番号
    右詰でご記載ください。
  4. 乳幼児受給者番号
    ゼロから始まる番号は「0」を省略しないで、必ず7桁で記載してください。
  5. 乳幼児医療請求額
    市町村へ請求する金額ですので、空欄にしないでください。
    また、10円未満を四捨五入せずに1円単位までの金額を記載してください。

乳幼児医療請求額

「乳幼児医療費公費負担事務の手引き」
宮城県公式ホームページに、「乳幼児医療費公費負担事務の手引き」を掲載しております。「連記式請求書」・「社会保険分総括表」等関係様式もダウンロードできますので、詳しくは下記ホームページをご覧ください。

(掲載場所)
宮城県公式ホームページ 子ども・家庭支援課→乳幼児医療費助成制度についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

社会保険乳幼児医療費請求書(連記式請求書)の返戻依頼について

国保連合会へ提出した乳幼児医療費請求書の返戻依頼

提出月の25日(必着)までに下記様式を提出してください。
前月までに提出した社会保険乳幼児医療費請求書の返戻依頼については、該当保険者へ問い合わせください。

社会保険乳幼児医療費請求書の返戻依頼様式(PDF:86KB)このリンクは別ウィンドウで開きます


社会保険返戻レセプトに対する乳幼児医療費請求書の取り扱いについて

資格確認や審査等で返戻された社会保険のレセプトに係る乳幼児医療費助成(83番公費)の過誤調整については、内容に応じて下記のとおりとなります。

点数・金額が変わる場合

社会保険にレセプトを再請求する際に点数や金額が変動する場合は、乳幼児医療費助成額も変動するため、各市町村へ乳幼児医療費返戻依頼の連絡をしていただき、連記式の乳幼児医療費請求書(社保用)で再請求してください。
なお、乳幼児医療費の返戻については、乳幼児医療費請求書の原本は返戻として送付いたしません。金額のみの過誤調整となります

点数・金額が変わらない場合

乳幼児医療費請求額が変わらない場合は、乳幼児医療費請求書の返戻依頼および再請求は不要です。

 

出産育児一時金

出産育児一時金等代理申請・受取請求書の記載

専用請求書の提出について

専用請求書(正常分娩・異常分娩)については、毎月10日までに本会に到達するように提出してください。
上記の他、光ディスク等の電子媒体により支払早期分(正常分娩)として提出する場合に限り、毎月25日までに本会に到達するよう提出することができます。

提出先支払機関について

被保険者の加入する保険者の種別により提出先が異なります。

「出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度」実施要綱参照(PDF:253KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

専用請求書の作成について

厚生労働省が示している「出産育児一時金等の代理申請・受取請求に係る医療機関等請求事務マニュアル」等を参考に作成してください。

各種様式ダウンロード

電子媒体による請求

 電子媒体による請求に切り替えますと…

出産育児一時金請求用ソフトの入手方法

出産育児一時金請求用ソフト(無償)のインストール資材等を国民健康保険中央会ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますに掲載しております。

支払日一覧

担当

審査業務課 1~6係(診療報酬請求)

電話:022-222-7075

ファクス:022-222-7107

審査管理課 管理係(社保乳幼児・出産育児一時金)

電話:022-222-7074

ファクス:022-222-7107

ページの先頭へ