介護保険

サイトマップ
介護保険最新情報
宮城県における介護給付費
指定事業者名簿
国保連合会の審査支払業務
保険者のみなさまへ
事業者のみなさまへ
主治医意見書作成料
各種様式ダウンロード
苦情相談関係
休憩コーナー

宮城県における苦情処理の基本方針


1 利用者の権利擁護

 苦情処理に当たっては、利用者の意思及び人格を尊重するとともに、プライバシーの保護に十分配慮しつつ、利用者の立場に立った対応に努めるものとします。


2 苦情処理体制の整備

 指定居宅介護支援事業者、指定居宅サービス事業者及び介護保険施設(以下「事業者等」という。)並びに市町村などの関係機関においては、苦情に迅速かつ適切に対応するため、「苦情受付窓口」を設置するとともに、苦情に対応するための担当者を配置するよう努めるものとします。


3 苦情処理の取り扱い

 サービス利用者からの苦情については、まず、事業者等がその責任において解決すべきものですが、保険者である市町村においても住民に最も身近な機関として苦情処理に当たります。市町村において対応が困難な場合は、サービス利用者からの苦情内容に応じて、宮城県国民健康保険団体連合会(以下「国保連合会」という。)や宮城県(以下「県」という。)が対応します。


4 関係機関の苦情処理

 在宅介護支援センター、市町村社会福祉協議会等の関係機関がサービス利用者から苦情を受けた場合は、必要な助言指導を行うとともに、速やかに市町村へ連絡することとします。


5 苦情申立者の範囲等

 苦情申立者の範囲は、利用者、家族及び当該サービスの提供に関する状況を具体的かつ的確に把握している者等とします。
  なお、匿名による苦情についても受付けますが、内容に応じた適切な対応ができない場合があります。


6 苦情申し立ての方法

 苦情の申し立ては書面をもって行うことが原則ですが、緊急等止むを得ない場合は電話等口頭により、申し立てを行うこともできます。


7 相談・苦情の件数、処理結果等の公表

 県及び国保連合会は、毎月申し出のあった相談・苦情の件数、内容、処理結果等について、プライバシーに配慮した適切な方法により公表することとします。


(C) 2004-2009 宮城県国民健康保険団体連合会 無断複製・転載を禁ず